エントリー

【電波ソーラー】カシオG-Shockの電池CTL1616を交換してみた

  • 2022/07/05 05:51

ソーラー充電なのに電池交換?

カシオ G-Shock GW5610BCを購入8年目にして電源が落ちる症状が発生。
画面には「CHG」の点滅があるので、充電不足だったのかと・・・・
何度充電してもすぐに「CHG」が表示されるので、故障と疑って少し調べてみた。

GW5610BCの電池交換DIY

?カシオG-SHOCK公式

ソーラー充電は永久ではない

分かったことは「ソーラー充電は永久ではない」こと。 内部に充電用電池を内蔵していて耐用年数がおおよそ10年とのことだった。

永久とは思っていませんでしたが、10年程度だと無駄にソーラーじゃなくても良いような気がします・・・・

GW5610BCの電池交換をDIYやってみる

カシオさんに依頼すると送料別で3000円程度なので、オーリング(パッキン)交換を考えるとリーズナブルな価格。
しかし、今回はあえてDIYで交換してみます。

電池は CTL1616

電池はリチウムイオン CTL1616 2.3Vでした。CTL1616F としても販売されているようです。
ちなみに価格は1500円でした。

G-SHOCKの充電電池CTL1616

G-Shockの裏ブタを外す

G-Shockのバックパネルを外すには片方のベルトを外す必要があります。 ベゼルを外すと作業しやすいと思います。
バンドを外してから、バックパネルにある4か所のビスを外します。
G-Shockの電池交換でパネルを外す

パッキンが融着している場合があるので、力を入れずに少しずつ剥がします。
振動吸収用のゴム板を外します。 基盤に乗せてあるだけです。

G-shockを分解

古いCTL1616を取り外す

ボタンにシールが貼ってあるのでゆっくりと剥がします。 一気に剥がすと電池の抑えパーツを破損する可能性があります。画像は剥がした後です
gw5610bcを分解

矢印の部分に小さな穴があるので、ピンセットの先などを突っ込むと電池抑えが外れます。 絶対に無理に引っ張らない!!!

G-Shockをリセットする

電池を交換したら、G-SHOCKをリセットします。
矢印の部分と電池の文字盤(プラス端子)を2秒間ショートさせるとリセットされます。
前述した電池に張ってあったシールに記載があります。20220522122637.jpg

ピンセットでリセットしました。
IMG_20220522_091708.jpg

G-SHOCKのケースを洗浄する

バックパネルの内側に汚れが着いていたので、この際に洗浄します。
G-SHOCKのバックパネル

少しだけ腐食している部分もありましたが、パッキンの外側なので大丈夫そうです。
アルコールと綿棒で洗浄します。
IMG_20220522_092908.jpg

ケース側も同じように洗浄ししておきました。 なお、この錆はネジからきているようだったので、ネジも洗浄し錆止めを塗布しておきました。

電池交換が完了したG-SHOCK GW5610BC

ベゼルを外したついでにケースとベゼル、バンドを歯ブラシと歯磨き粉で洗浄(笑)
ピッカピカ。 
IMG_20220522_103531.jpg

関連記事

【CASIOさん復刻願う】30年以上前のG-SHOCK DW5600 9cv を直したい


 

ページ移動

ユーティリティ

サイト内検索

twitter

ありがとうございます

過去ログ